後継者問題に悩む企業へ|後継者に悩んでいるならM&Aにお任せ|メリットが盛沢山

後継者に悩んでいるならM&Aにお任せ|メリットが盛沢山

後継者問題に悩む企業へ

ビル

事業承継の有力な選択肢

高齢を迎える企業のオーナー経営者にとって重要な課題の1つとなるのが、事業承継問題です。後継者に適当な人材がいればいいのですが、そうでない場合は株式を公開するか、廃業するかの選択を迫られます。しかしすべての企業が店頭公開の基準を満たせるわけではありませんし、廃業は従業員の生活に深刻な影響をもたらします。そんな時、非常に有力な別の選択肢があります。それがM&Aです。M&Aは、Merger(合併)とAcquisition(買収)という2つの単語を合わせた言葉です。経営を統合したり、傘下に収めたりすることによって一方の企業が他の企業の事業を継続することをいいます。TOB(株式公開買い付け)や第三者割当増資などの手法がよく知られています。

専門家のサポートで成功を

M&Aによって経営権を譲り渡すことのメリットは、その企業を譲り受け先の一事業部門として、あるいは子会社として存続させることが可能になることです。条件にもよりますが、従業員の雇用も確保されます。というより、従業員の雇用継続を前提として譲り渡しを承諾することでそのメリットを実現することができます。一方、譲り受ける側の企業側には、新規事業を短期間かつ低リスクで手に入れられるというメリットがもたらされます。ただ、これらのメリットを最大限に享受するためには、適切な相手先企業を見つける必要があります。最近ではM&Aの仲介を専門に手がけるコンサルティング事業者が営業を行っており、企業の選定から条件交渉、契約締結に至るまで総合的なサポートを提供しています。こうしたエキスパートの力を借りれば、M&Aの成功に大いに役立つこととなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加