後継者に悩んでいるならM&Aにお任せ|メリットが盛沢山

企業の未来の為に

女性

買い手の損得

企業を発展させる方法は多くあります。M&Aもその1つです。M&Aは企業の買収や合併のことを言い、経営不振の会社の救済や再編等の目的でも実施されます。M&Aでは買い手には魅力的なメリットがあります。買い手企業はM&Aをすることで事業を拡大したり、新規参入を低リスクでできるメリットがあります。また、相手が優れた技術を有しているなら取り込むことで、更なる収益に繋げられることになります。反面、相手側の従業員も抱えることになります。元は違う理念・社風の両者が融合するので社内の人間関係の歪みや、雰囲気に配慮する必要があります。また、事業計画を練り直すことが大切なので、M&Aをしてからは多少忙しくなります。

仲介会社を活用

M&Aをしようとしても、相手がいないと始まりません。それは買い手も売り手もです。自社で探せるなら越したことはありませんが困難です。M&Aが活発になった日本では専門の仲介会社が多く存在します。活用することで多くメリットが生まれます。仲介会社の役割は多岐に渡り、相手探しは勿論交渉や企業価値もリサーチしてくれます。仲介をしているのは大手銀行や証券会社が多いですが、中小企業のM&Aはなかなか取り扱ってくれない現状です。仲介しているのは他にも地銀や専門会社が存在しますので、規模が小さくても請け負ってくれます。仲介会社は売り手と買い手の双方の位置に立ち、片方だけの利益を追及する形は少ないです。何故なら信用の上の合意がM&Aだからです。疑心暗鬼では話が進まないからです。

別の事業に進出する方法

メンズ

企業規模を拡大する方法には中心的な事業に注力する方法以外に、他業種を展開するという方法もあります。ですが新しい事業を始めることはコストのかかるものです。ですがM&Aで企業を買収すれば多額のコストをかけずに新事業を開始できます。コスト面でメリットの大きな事業展開ができるでしょう。

後継者問題に悩む企業へ

ビル

M&Aは、合併や買収によって企業同士の事業を統合したり系列化することで、相乗効果によるメリットの実現を目指すことをいいます。後継者難に悩むオーナー企業が事業を存続させるための手法としてよく用いられます。

企業が成長するチャンス

男性

M&Aを行う時に注意しなければならないのが、事業計画書通りに進むとは限らないという点です。こまめに事業計画書を見直し、計画外のことが起こるリスクを下げましょう。またM&Aを行うメリットは、買収の予算だけで、一気に業界シェアを拡大できる点に存在しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加